泊まりの旅ならこんなものを車に積んで

post on 2010-01-23

旅先だからと言って、特別なものは必要ありません。単純に考えて、普段の生活で犬に必要なものを積んでいけば良いだけです。犬の食器、食餌、水、お散歩Goods(ウンチバッグ等)、グルーミングに必要なメンテナンス用品、犬愛用の敷物、救急箱等々がそれです。その他に出先故に必要なものと言えば、行き先や季節にもよりますが保温用品、虫よけ、抜け毛対策品等でしょうか。

泊まりの旅にあると便利なもの

保温用品
トラベルケンネル(輸送ケージ)内で寝かせる場合、これ自体がかなり防寒の役目を果たします。特に寒い場所に行くのであれば、中に古毛布を敷いてやると良いと思います。万全を期したければ輸送ケージの上からもう一枚毛布を掛けるとずいぶん違います(空気は通るようにしてあげて下さい)。 また、湯たんぽを持っていって、宿でお湯を貰うという手もあります。
いずれにしても、(犬種や年齢にも依りますが)犬は寒さには強いものですからそれほど心配はいらないと思いますし、多頭飼いならお互いに暖め合うのでなおさらです。
夏場の蚊対策(携帯ベープマット)
2000年新商品の中で大ヒット作なのでは?と思われるのが、電池式のベープマット(人間用)です。 薬剤カートリッジをセットして、ファン(電池で駆動)で拡散します。加熱しないので犬だけの車中で使っても安全、電池駆動なのでカー・バッテリーを食わない、コンパクトでアウトドアの携帯にも便利と、3拍子揃った感じです。
[説明写真]携帯ベープマット前面。左からアース製、フマキラー製、サイズ比較用の煙草の箱[説明写真]携帯ベープマット側面。左からアース製、フマキラー製、サイズ比較用の煙草の箱
480時間有効のフマキラー製「どこでもベープ」(写真右)、84時間有効のアース製「おそとでノーマット」(写真左)の2タイプがあります。いずれも、電池の寿命が切れたとき=カートリッジ交換時期。
フマキラー製の方は音が静かで長持ち、一方のアース製はよりコンパクトとそれぞれ特徴があります。 いずれもホームセンターやスーパーで入手可能(1400円位)。
夏場の蚊対策(従来型)
従来型の方法としては... 犬用の蚊取り線香を車内で焚いてやるのは手軽な方法ですし、即効性ならこの方法が一番らしいです。 ただし、一晩中焚くと煙が充満して犬も煙いでしょうし、身体にも良くなさそうです。 さらに翌日車内に蚊取り線香臭が染みついて大変な目に合いますので、短めに切ってほどほどで消えるようにしましょう。 ちなみに、蚊取り線香は10センチで1時間燃えるように設計してあるそうです。ご参考まで。
この他、車の12Vのソケットに挿して使えるベープマット(人間用)という手もあります。 いずれの場合も犬がいたずらをしないような場所を選びます。
蛇足ですが、毎月のフィラリア薬の投与もお忘れ無く。
車内の抜け毛対策
犬の抜け毛取りには、粘着性のローラ式の掃除用具が役に立つようです。 「じゅうたんコロコロ」と言った方が分かり易いでしょうか?無ければ、ガムテープでペタペタやれば用は足ります。
「犬と泊まれる宿泊施設」でも、チェックアウト前に活躍します。