犬用ブーツ(靴)

post on 2008-01-07

犬用のブーツ。
私は主に雪遊び(特にスキーツアー)時に履かせています。山岳地のガレ場や、夏の焼けた道を歩かせる場合も使えると思います。

犬用ブーツのTips(1) -雪道でのパッドの保護用途

私の愛犬は雪遊びに連れて行くと毎回パッドを痛めてしまいます。もちろん氷や堅い雪で切れることもありますが、むしろあかぎれに近い症状のようで、ふかふかの雪でも痛めることが多いのです。ひどいときにはパッドがずる剥け状態になります。

とはいえ、この程度の怪我ならカワイイものなので、普段雪遊びでは素足で遊ばせておいて、血が出ているのに気づいたら履かせるという感じです。主に『それ以上ひどくならないよう保護する。あるいは後から舐め回して自分でひどくするのを防止するため』という使い方をしています。怪我をするのは、走るときに力がかかる前脚が多いようです。

この用途にはイーポックという簡易型の犬靴を使っています。爪先が出るのが特徴。
履かせ方にちょっとコツが要り、特に後ろ足は外れやすいので要注意。しっかりかかと部分をフィットさせないと深雪ではいつのまにか紛失...ということに。

犬用ブーツのTips(2) -スキーツアー

山スキーのツアーの場合は、構え方が全く別です。人災、つまりスキー板との接触による怪我が怖い。実際、私の犬はこれで何針か縫う怪我をしました。

2003/03/07-08 根子岳スキー。Amieの怪我
http://www.awanda.net/vi/2003/0307.html

この時は、幸い腱や筋などには損傷なく済んだのですが、この手の怪我はやっちゃってからでは遅く、本当に恐ろしいです。この事故以来、脱げにくく、素材に強度があり、ある程度高さのある靴を物色中です。愛犬が少しでも安全にツアーを楽しめるよう必ず履かせようと思います。

以下、検討中の靴たち

購入したら改めて使用レポートを掲載します。。。と書いて数年経つのですが、他の人と一緒にツアーする機会がなかったり、まとまったツアーに行ってなかったりで 実はまだ買ってません(^^ゞ