1998/04/29-05/04 八甲田山ハイキング(硫黄岳、大岳、猿ヶ倉、蔦温泉)

on 1998-04-29 | Tags: 雪山, 青森

例年だったらゴールデンウィークの八甲田山は、スキーツァーシーズンの最後を飾るお気楽・極楽の地のはずである。
私達もそのつもりで出かけた。
が、雪はどこ?先週の尾瀬の様子から嫌な予感はしていたけれど、これほどまでとは...これだけ藪が見えていたのでは無理に滑っても楽しくなかろうというわけで、長靴での残雪ハイキングと相成った。

04/29は酸ヶ湯から硫黄岳を地獄湯ノ沢まで硫黄コースの下見を兼ねて出かける。 登山道は雪解け水で沢と化し、ぐちゃぐちゃ、私達はこれはいよいよスキーは無理だと思い知らされ歩いていてもちっとも楽しくないのに、どろんこ遊びの大好きなAmieは嬉々として泥まみれを楽しみながら登る。 野良犬のように汚くなったAmieにじゃれつかれて、すれ違う下山パーティのおばさんにすっかり嫌われてしまった。

04/30、天気もまあまあなので、長靴で硫黄岳山頂の仙人岱ヒュッテまで登ることにする。 中腹からようやく雪が続くようになるが、これだけ木が起きあがってきていたらスキーでの下りはあまり楽しくなかっただろうと思う。 山頂でしばらく雪遊びをして酸ヶ湯に下山。

05/01、南八甲田山系の一つ猿ヶ倉岳は、過去に結構楽しく滑降できた記憶もあるし、道路から見た感じではまだ雪もありそうだったのでスキーで出かける。 しばらくはブナの原生林の中を雪遊びをしながら快調に登る。 Amieも雪解け水の小さな池を覗き込んだり、2人の間を行ったり来たりして遊びながら登る。 でも、快調だったのは下だけでアオモリトドマツに樹相が変わる頃から藪と雪解けの沢に阻まれて思うように進まなくなった。 無理に登ってもこれじゃ下り(滑り)が楽しくなぁーい、と言い出したのは例によって根性のない私。 おやつを食べて一休みしてから下山することになった。 Amieを相手にかくれんぼをしながらスキーでのんびり戻る。

05/02、午前中酸ヶ湯温泉近くにある東北大植物園を散策し夕方、蔦温泉に入りがてら蔦沼巡りに出かける。 蔦沼巡りコースは、ブナや桂の原生林の中に散在するいくつかの沼を巡る四季を通して美しいハイキングコースである。 蔦温泉まで降りてくるともう雪はほとんど消えているので、歩きのハイキングであった。

新緑がまぶしい。
一方で、折れた大枝や雪崩れた後の土砂が、冬の厳しい記憶を残している。

「風情など関係ないワ」の我らがAmieは、沢や沼を見つける度に飽きることなくビチャビチャやっている。 普段は雨上がりの側溝などに入り込んで泥まみれになるのを警戒して水場には近づけないのだが、あんまり楽しそうに遊ぶ姿に、旅先では大目に見ることにする。

気が小っちゃいのか見知らぬ土地だからか、Amieは旅先ではノーリードにしても私達の姿が見える範囲でしか先に行かない。 でも、なんか変だ-Amieは私が先頭の時はどんどん先まで行くくせに、おん君が先頭の時は足下を離れない、おまけに後続の私が遅れていると様子を見に来たりする-どうも、前回の尾瀬スキーツァーで、2人のスキーの腕の差を見抜いて、こいつがリーダー、こいつは見てやらねば心配なヤツだと判断したらしい。 (担ぎ降ろして貰った恩も忘れて、失礼な!!)

途中長沼という沼のほとりで、おもしろ半分に沼に向かって木ぎれを投げてやったら、Amieは夢中で取りに沼に入り、生まれて初めて泳いだ。 さっすがラブラドール、どろんこ遊びだけじゃなくて、ちゃんと泳ぎもできるんじゃん。 しかし、犬っていうヤツは、教えられずとも泳げるなんてスゴイ。

05/03、酸ヶ湯パーキング。 雨で1日中キャンピングカーの中でうだうだ。 Amieが退屈を持て余し気味なので、雨の中、東北大植物園とか付近の林道とかをお散歩してごまかす。

05/04、天気は今一つだが悪くもならなさそうなので酸ヶ湯から毛無岱の湿原を経て大岳ヒュッテまで登ってみる。 途中、雪が切れていそうだったので長靴。

コースは竹竿でしっかり整備されているので迷う心配はないのだが、沢を渡る際、普段の年だと今頃はまだ厚い雪でブリッジされていて、どこでも通れるのに、今年はスノー・ブリッジももう頼りなくなっているし、その下は水が音を立てて流れている。 スキーなら体重が分散されるからもうちょっと安心感があるのだが、今回は長靴なので踏み抜きそうでちょっとドキドキ。 Amieは体重も軽いし4つ足だからその分も有利で羨ましかった。 第一、生まれて今まで4ヶ月ちょい、完全に人間に守られ温室育ちで来たAmieにしてみれば、踏み抜いて沢に落ちる事なんて予想もしないんだろうなぁ。

まだ真新しさの残る大岳ヒュッテへたどり着いて休憩。 ちょっと前から降り出した雪混じりの雨で濡れて寒かったので、他に人がいないのを幸いAmieもヒュッテの入り口に入れさせて貰う。 ここで人間も犬も昼食。 ちなみに、旅先でのAmieの食器は、ホームセンター購入300円也のプラスチック製犬用食器で、縁に穴を開けてひもを通し、私のリュックにぶら下げられている。 重たくないので良いのだけれど、食べる時ドッグフードが周囲に飛び散るのが難点だ。 台所用の樹脂製ボールの方が良かったかもしれない。

今回はスキーではないので、大岳山頂は目指さずに、ヒュッテで折り返して酸ヶ湯に戻った。
 

記事本文おわり