1998/12/27 笠松運動公園でサッカー

on 1998-12-27 | Tags: 公園, 散歩, 茨城

飼い主の私が言うのもなんだけれど、Amieのサッカー好きはチョットすごい。 普通レトリバー種というのはフリスビーでもボールでもくわえて持ってくる方に喜びを感じる犬種なんだと思うんだけれど...。 Amieも確かにフリスビーや小さいボールも好きだし持っても来るが、いったんサッカーボールを見てしまうと、それらはゴミ同然、フンッていう感じになってしまう。

週1回の合同トレーニングに出かける時も、以前は準備運動用にサッカーボールを持参していた頃もあったのだが、あんまりサッカーボールに執着しすぎて授業中フリスビーも何も見向きもしなくなるので、懲りて持っていかないことにした程だ。

それはそれで正直な所、困ったちゃんなのだが、普段Amieとサッカーで遊ぶのはとっても楽しい。 高いボールは飛び上がって胸で受け、いっちょ前に鼻先と前足を使ってドリブルもこなすし、お互いに暗黙のルールも出来上がっていて、私がドリブルするとツンッと鼻先でパスを返して来たりもする。 フセで待たせて置いて、ロングパスを出すと、全速力でボールを追う姿もなかなか見応えがある。

そういう訳で、気が付けば来る日も来る日も2人(1人+1匹)でサッカーばかりしていることになっていた。 Amieは近所の公園で遊ぶ小学生の間でも、「あのサッカーの好きな黒い犬」で通っているらしい。 「んっ?待てよ...」と言うことは、私の方は、「あの例の犬相手に、毎日大声出しながら夢中でサッカーをする変なヤツ」に違いないんだろうなぁ。(ハァー、溜息)

でも、サッカーボールは大きくてAmieにはくわえて持って来られないので、自分が蹴ったボールを取りに行って、またパスを出す私の運動量もAmie並、Amieは平気で1時間位は遊ぶから大変なんだよぅ。 週末になると、おん君がサッカーにつき合ってくれるので少し楽ができる。 2人でAmieを挟んでパスを出すので、ボールを取りに行く手間が半分になるのだ。

さて、さて。
サッカーは広い場所の方がだんぜん面白い。 ここ2ヶ月程、気に入って毎週末通っているのは(茨城県東海村にある)笠松運動公園という所だ。 ラグビー、野球、陸上ほか各グラウンドがあって、大会などで使う場合は有料らしいんだけれど、そういう大会の予定が入っていない時は、家族連れや犬連れに実質解放されており、遊んでいても何も言われない太っ腹でナイスな場所である。 おまけにに周囲には一周2Km程のウォーキング(ジョギング)・コースまであって、市民の憩いの場所になっている。

今週も土日連チャンで、午後はAmieとのサッカータイムであった。 車が公園に近くなると、Amieはもうサッカーやりたさにケージの中で気が狂う。 狂ったAmieを無理矢理Heelさせて、空いていそうなグラウンドまでは粛々と歩く(努力をする)。 ロングリードに付け替える間の聞き分けの良いこと、いつもこうであって欲しいモノである。

ロングリードを付けた途端に、Amieの眼はギラついてくる。 「早くパスして、うんと遠くに!!」とその眼が訴えているようだ。 迫力負けしそうになりながら、最初の一本を蹴り出す。 そうして、きつねのボタン家の1時間サッカー・デスマッチは今日も始まるのであった。

よく遊んだ晩はよく眠る U(-ェ-)Uzzz
土日の晩は、Amieが早々にくたばるのだけが唯一の救いである。

記事本文おわり