1999/06/12 千葉県山田町の橘ふれあい公園

on 1999-06-12 | Tags: ボート, 公園, 千葉, 車

ひょんなことから千葉県香取郡山田町というところのホームページにアクセスして、そこのホームページがえらく気に入ってしまった。

自然の豊かな小さな町らしいのだけれど、ホームページもとても綺麗でほのぼのしていて、何より全体に郷土愛みたいなものに満ちていて良いのである。 物知り町民「山田さん(チビまる子ちゃんに出てくるおじいちゃん見たいなおじさんです)」の案内で、町の絵地図をクリックしていくと、町の様子がだんだんわかっていくという構成なのだけれど、わからなくなったら「山田さん」のうちの「わん」という犬がナビをしてくれる。そこに無料のキャンプ場がある橘ふれあい公園の案内が載っていて、さっそく行ってみることにした。

ホームページからメールを送ると、町役場からすぐに返事が返ってきて地図や案内も郵送してくれた。 地図には、公園の場所に「ここです!」ってポストイットが張ってあってとっても親切だ。 問い合わせの「大型犬連れでも良いですか?」という質問にも、
「はい。是非ご一緒に遊びにお越しください。山田町のホームページのイラストは、犬のとっても好きな方が書いてくれました。町内には「わん(ホームページに出てくる犬)」に似た犬が、あちこちにいます。」とのお返事。 嬉しい!地方自治体も「結構頑張ってて、やってくれるじゃん」っていう好印象を持った。

例によっておん君とAmieと私の2人+1匹で出かける。 場所は千葉県の佐原市の近くで一帯はいわゆる水郷地帯。 国道51号から国道356号沿いに走ると、初夏らしい田圃の緑が、周囲の運河に映えてとても美しい。 その緑がさらに濃くなったあたりに、橘ふれあい公園はあった。

役場から送ってもらった地図のおかげで特に迷うこともなくわりとすんなり公園にたどり着く。 好天気の土曜日で、子供連れの家族や、公園内の湖で釣りをする人、カヌーに乗る子供達がいる。 常陸海浜公園の巨大な草原を見慣れた眼にはこぢんまりした公園に見えたが、芝も綺麗に刈ってあって良い感じだ。

早速Amieを車から降ろし、サッカーボールを持ち出すと、彼女は早くもスタンバイいつでもOK状態である。 先ず早めのお昼ご飯にして、その後しばしサッカータイム。 暑いのでAmieのために控えめにしておこう、と思ったのに、本人は時々水をがぶ飲みしながらいつまでも遊びたがる。
サッカーばかりでもと思って近くを流れる水路(ここで子供達が網で巻き貝取りをしていた)に連れていったら、案の定Amieはダイビング。 でも、今日はもともとそのつもりだったから大丈夫。

しばらく休んだ後、公園の奥の森の中をお散歩した。 フィールドアスレチックや展望台があって、子供連れにも楽しそうな森だ。 その後、子供達がカヌーをしている湖(池?)で私たちもボートに乗ろうということになり、湖のほとりにある管理事務所のおじいさんに、いくらですか?と聞くと、なんと驚き!カヌーも足こぎボートも無料とのこと。 なんて太っ腹の町なんでしょう。キャンプが無料だけじゃなかったのね。 ...と、ただいま貧乏人のきつねのボタンはとても感激(もう、30分1500円のボートには乗る気がしない!!)。 Amieのことも「ボートの中でおシッコしたりしない犬ならOK」と言うことだったので、ノートに記帳してライフジャケットを借りて早速ボートに乗り込んだ。 (本当はタンデムのカヌーの前の席にAmieを乗せて、アウトドア雑誌に出てくるみたいなシーンを楽しみたかったんだけど、Amieが飛び込まずに座席に収まっているはずがなく、ハラハラするだけなので止めた)

Amieはおん君にもたれて水面を吹く風を楽しんでいる。 ちょっと悔しいけど、そよ風を気持ちよさそうに受けるAmieとおん君は結構絵になっていて格好良い(親ばか?) カメラを地上に残してきたことが悔やまれた。 でも...やっぱりAmieは所詮Amieでしかなく、後半は強くなってきた日差しを自分だけなんとか避けようと、隙あらばおん君の足の下に潜り込もうとして、漕ぐ邪魔をしていた。(ま、水に飛び込まなかっただけ上出来か...)

こうして先週の土曜日は、半日間のミニ旅をほのぼの系で楽しんだのでした。

記事本文おわり

旅のデータ - 1999/06/12 千葉県山田町の橘ふれあい公園

橘ふれあい公園
所在:千葉県山田町
公園までのアクセス(車)
東関東自動車道(香取佐原インター)- 佐原山田線(約10Km)-右折して1Km
あるいはR51 - R356 - 旭小見川線(12~3Km) - 右折して1Km
山田町役場建設課
千葉県香取郡山田町仁良300-1
Tel. 0478-78-2111(代表)
山田町のホームページ: http://www.town.yamada.chiba.jp/

(1999-06-13 現在)