1999/07/24-26 茨城の海3日連ちゃん(日立、阿字ヶ浦、大洗)

on 1999-07-24 | Tags: 海, 茨城, 車

いきなり梅雨が明けて夏になった。
あまりに暑くて、Amieの訓練も、もう一つ身が入らない。 こんな夏の日は海に限る! なんと我が家は一番近い海(阿字ヶ浦)まで車で5分、 日立や大洗海岸などの海水浴場銀座?まででも車で20~30分の実にオイシイところに住んでいるのです。 これで行かないなんてバチが当たるでしょうー?!

まずは24日(土曜日)、朝8時半に家を出て、日立の河原子海水浴場を目指す。

日立にいくつか在る海水浴場は、寒流がこの辺りまで来るためか(?)大洗やその他の関東圏の海水浴場に比べると少ぅし海水がヒンヤリして、仙台・松島辺りの南東北の海に感じが似ているかもしれない。 いずれも阿字ヶ浦とか大洗海岸ほどメジャーじゃないけれど、その分他府県からの観光客が少な目で、水もきれいな穴場。

さて、南北に長く伸びる河原子海水浴場である。 一番北側サイドはサーファーやボディ・ボードの人が主で、一般の人(特にちびっ子)が少なそうだったので、その近くで車を停めて浜に降りる。Amieのリードを外し、自分も水着になって早速波打ち際に駆け出す。

実はAmieが本格的に海にはいるのは今回生まれて初めてなのだ。 以前、泳ぐのが大好きなゴールデン・レトリバーの大くんのママさんに、最初どうやって泳ぎを教えたのか聞いてみた。 曰く、ママさんとパパさんがペアになって海に入り、一人が大くんを抱えて深みに連れていって放し、もう一人が大くんを呼ぶ。 すると、大くんはそっちに行こうとして自然に泳ぎだした...のだそうな。 今日は一人でAmieを連れてきたので、大丈夫かな~と思っていた。 いきなり抱えるのも重い(30Kgある)ので、波が恐くてキャンキャン吠えだしたら教えられたとおりにしてみよう、と思ってAmieの方を見ると、何のことはない、もう既に泳いでいた(^_^;;;

なんかまだ余裕のない泳ぎっぷりで、試しに水に浮く犬用のダンベルをくわえさせてやったらちょっと落ち着いて泳ぎだした。 でも、私の側に来ると犬かきをしながら飛びつこう(しがみつくに近い?)とするものだから、生身の身体に爪痕がついて痛いし、こんなのを足の立たないところでやられては私が溺れるので、こっちも必死で「あっち行けー、独りで泳げー」と突き放す。 それまで傷一つなかった私のナイス・ボディー(?)は爪のひっかき傷でボロボロになった。 たぶん、浜に上がってきた私を見た人は、家庭内暴力でもあったかと驚いたに違いない。(本気でサーファーさんのボディースーツが欲しかったよ~)

その後も私の浮き輪に穴を開けてダメにしたり、いろいろやらかしてくれたが、Amieが結構楽しそうに泳いでいるので良しとしよう。 この日は1時間半ほど泳いで帰宅。 一応駐車場でホースを借りて、Amieの砂を流し、帰宅してから砂を落とすついでにシャンプーもしてやった。


翌25日(日曜日)8時、今度は一番近い阿字ヶ浦に出かける。 さっきも書いたけど、家から車で5分。 思い立ったら、水着に着替えAmieを車に詰め込んで15分後には浜辺に立てる。(我ながらゼイタクー)

シーズンオフ中に時々海を見に出かけた浜に車を停めようとすると、お兄さんが出てきて「車に1000円、海水浴に1000円払え」とのたまう。 「エ~、犬を遊ばせるだけだよーそれは高いよ」と言ってあわてて遠慮させて貰って、近くの駐車場(1000円也)に停めた。 もうちょっと家が海に近ければ歩きか自転車で出かける所なんだけれど、泳いだ帰りに炎天下を5Km歩くのはさすがにツライのでコレばっかりは仕方がない。(でも海水浴って意外とお金がかかるニャー)

阿字ヶ浦はさすがに人出が多くて、ちょっととまどっていると、焼きそば屋のお兄さんともう一人SMAPの中居君風のお兄さんがAmieを見つけてやってくる。 中居君風のお兄さんはAmieと同じ黒ラブを飼っているんだそうな。 お話しできてラッキー、あわよくばお友達になりたーい、と野望を抱く私を余所に、Amieはあっちをうろうろこっちをうろうろ。 遠くには行かないものの、呼んでもなかなかこなくて、お兄さんには「あの犬言うこときかないっすね」と言われる始末。(Amieの馬鹿たれ。こういう時こそイイところ見せろー。) 一方、ビキニのお姉さん達にすり寄るAmieに、2人のお兄さん達も「犬になりてぇ」とため息をもらしていた。 ...と、まぁみんなそれぞれ懲りない面々のようです (^_^;;;;

この日は若干波が高くて、Amieは1回波にひっくり返されていたが、特に嫌がる風でもなく、昨日と同じように1時間半ほど泳いだ頃、人も増えてきたので帰宅。 今日は近くに無料の水場が見つからなかったのと、家まですぐだったので、海から上がったAmieをそのまま車に載せて、家に戻ってからシャワーで洗った。それはそうと...今日も私の身体は、傷だらけ。(はぁー溜息)


26日(月曜日)、今日は仕事をしないといけないので朝6時半出発、8時戻りの予定で大洗海岸へ。

さすがの大洗も7時前だとほとんど人は居ない(サーファーは居る。彼らは根性入っているのでお正月でもいる) Amieの引っ掻き攻撃を避ける楯がわり、かつ一昨日ダメにされた浮き輪のかわりにしようと、昨夕、私は子供用の安物ボディーボード1980円也を買った。 私はボディーボードを抱え、Amieはダンベルをくわえて海に入る。 人気の少ない海岸でひたすら泳いで、今日は1時間ほどで上がる。

今日はちょっと失敗したことがある。
帰り際になって、親子連れが浜に来て遊んでいたのだが、浮き輪の大好きなAmieがうっかり小さい子(彼女は浮き輪を持っていた)に近づいて泣かせてしまった。 幸い、パパさんとママさんが冷静に対応してくれて「あの犬はお利口さんだから大丈夫だよ」と子供に言い聞かせてくれたのだけれど、おチビちゃん、ごめんなさい、もっと注意します。(これに懲りて犬嫌いにならないでね)

さて、道を挟んで対岸の公衆トイレの脇に水場とシャワーがあったので軽く砂を落としてからAmieをケージに載せる。 でも、固定式のシャワーだと脇の下とか腹とかの砂を落とせない。 水撒き用のホースを1~2m位に切って持ち歩き、蛇口に挿して使うと、犬を洗うときに腹側まで水をかけられるので、良いんじゃないかな~。 結構海水浴場のあちこちに水場はあるから、水には困らないし、砂や海水をだいたい落としてから帰宅できるので、あとは帰宅してから念入りに海水を落としてやれば被毛の痛みも避けられると思う。 うん、名案!この次はそうしようっと♪

今回の教訓1:
皆さん、犬が他人のビーチボールとか浮き輪をくわえないよう注意が必要ですよー。 確実に穴をあけますから...
今回の教訓2:
何処でもそうかもしれないけど、お子ちゃまには近づけない方が良いです。 人の少ない時間帯に人の少なそうな場所で遊ぶのが無難みたい。(その方が広いし)
持っていると便利:
水撒き用のホース1~2m程(犬のシャワー用)
記事本文おわり

旅のデータ - 1999/07/24-26 茨城の海3日連ちゃん(日立、阿字ヶ浦、大洗)

河原子海水浴場(茨城県日立市)
アクセス:常磐自動車道(日立南太田IC)- R293(日立方面) - R245を北へ約10Km
駐車場:1日1000円
水場:海岸に何カ所かあり。
阿字ヶ浦海水浴場(茨城県ひたちなか市)
駐車場:1日800円~1500円(場所と設備による)
水場:海岸に何カ所かあり。
その他:海に面してオートキャンプ場あり
大洗海岸
(茨城県大洗町、今回は有名なサンビーチの方じゃなくて磯前神社側の小さい浜)
駐車場:1日760円~(場所による)
水場:道を挟んで対岸の公衆トイレ脇にシャワーと蛇口
その他:近くにオートキャンプ場が2カ所あります。

(1999-07-24 現在)