1999/08/04と08/07 再び海(早朝の阿字ヶ浦と、夕方の大洗サンビーチ)

on 1999-08-07 | Tags: 海, 茨城

08/04(水)、朝6時過ぎ発で阿字ヶ浦にAmieを連れていった。
例によって、早朝Amieを泳がせて8時戻りで仕事をしようという殊勝な考えである。
今回はホームズfamilyもご一緒することになり、海岸でAmieの訓練の先生と落ち合う予定だった(結局会えずじまいだったけど)。

朝、かなりの濃霧。
でも空は晴れているっぽいので気にせず出かける。
海の家の駐車場の一つに入ったが、「犬を遊ばせるだけ」と言ったら800円の所を500円にまけてくれた(ラッキー)。

海岸一帯も濃霧で、さらに今日は波が高くて荒く、ちょっと足が立たない所に行くのは怖い感じだった。
海に入っているのもサーファーさんやボーダーさんだけ
(後で知ったのだが、海水浴シーズンは安全確保のために、朝8時までがサーフィンタイムで、8時から夕方4時までが海水浴タイムと棲み分けが決まっているからだそうだ)

荒れ模様なので、あまり深いところまでは行かないで、ダンベル取りで遊ぶ。
ホームズとAmieの2頭だと対抗意識も芽生えるのかして、双方、特にAmieはムキになって波を乗り越え泳ぐ。
私だったらこんな荒れた海では泳げないと感じるんだけど、犬っていうやつの泳力は凄いな。

でも、この日の阿字ヶ浦は足下もじゃりじゃりして肉球を痛めそうだったし、波は高いしでもう一つ。
...と言いながらも、しっかり1時間半ほど遊んで帰ったのでした。


第2回目の川遊びのあった翌日08/07(土)、再びホームズ達と今度は大洗のサンビーチに泳ぎに行く約束をした。
(イカン、お盆前で仕事もちょぼちょぼしかないのをいいことに最近遊んでばかりいるなぁ)
海水浴客が退け出す3時半過ぎに到着。
さすがにサンビーチは浜が広い。
でも既に4時前なので、心配していた砂の温度も「焼けてるー」っていう感じではなくなっていて、犬が歩いても大丈夫そうだ。

Amieとホームズは、波が来ると2頭揃ってジャンプして波越えする。
その姿が凛々しくて、か~わいい~♪(←ただの親ばか)
ホームズの2人のお姉ちゃんと私の3人で代わる代わるダンベルを投げてやるが、投げる方がいい加減飽きて来ても、2頭はまだパワー全開でやり続けている。
普段だったら公園とかでボール投げをすると、終いに飽きちゃって他のことに興味が移ってしまう2頭なのに、何故か浜辺のダンベル取りは燃えるらしい。

浜辺近くで遊んでいるとAmieが砕ける波に度々ひっくり返されそうになるので、少し沖合い(といっても私の胸の辺りの深さまで)に移動。
ここまで来るとうねりだけなので犬も泳ぎやすい(と思う)。
水中でAmieが私に近寄って来た時に、(犬かきで)蹴りが入りそうになったら、すかさず彼女の首筋をつかんで方向転換(波に背を向ける方向にするのがコツ)させて蹴られないようにする技を取得?して、私のボディーの引っ掻き傷も前回までに比べてずいぶん減った。

夕方4時半を過ぎると、海水浴の人も大半引き上げ、代わりに犬を連れて浜辺を散歩する人がちらほら見られるようになる。
私たちもさんざん遊んで満足したので、水場で軽く犬の身体を洗ってやってから帰宅することにした。
本当はこの日も爆笑・苦笑もののハプニングがいくつかあったのだけれど、2頭と飼い主の名誉のため?に伏せておくことにしますのであしからず。


オマケ
08/08(日)4時半頃散歩に行こうと思ったら、アスファルトがキンキンに焼けていて断念。
で、性懲りもなく今日も海に出かけてしまった。
本当は今日は日曜日で海水浴場の駐車場も高いし混むだろうからと思って行く気はなかったのだが...(^_^;;;
最近仕事があんまりないので、アルバイト探しを少しした後、5時半頃になって阿字ヶ浦に出かけてみると、さすがにもう海水浴客はほぼ帰っていて、海に漂うのはサーファーさんだけ。
そして、この時間帯になると駐車場のおじさんも居なくて無料で駐車できることを発見した。
早朝行っても駐車場代はバッチリ取られるから、海に近い方は平日の大洗サンビーチか夕方の阿字ヶ浦海岸がお得ですよ~
(ただし、人間も泳ぎたい時は、レスキューも帰った後なので、万が一流されても助けては貰えないからご注意ね)

今日は私自身はショートパンツで膝下までしか海に入らず、もっぱらダンベルを海に投げてAmieが取りに行くを延々40分程ぶっ通しで遊んだ。
阿字ヶ浦は大洗サンビーチに比べると波が高い気がする(だからサーファーさん・ボーダーさんの人気スポットなのかな?)んだけれど、海に何回も来ている内にAmieも波をうまく乗り越えるコツを掴みつつあるようで、波に向かっていくときはジャンプするようにして、あるいは自然に身体が浮くに任せて乗り越え、ダンベルをくわえるとすぐさま波に背を向けてあとは逆らわずに泳いで戻ってくるから、最初の頃と違って安心して見ていられる。
要は経験がモノを言うって事かしらん?!
私の眼に「親ばかレンズ」が入っているからそう思うだけかもしれないけれど、その辺の下手なサーファーさんよりずっと波乗りがお上手だ。
荒波を乗り越えて何回も取って来る姿を見て、浜辺をお散歩中のカップルが拍手してくれる。
それを横目に見ながら、「どう?凄いでしょ?」って心の中で得意気になっているのは、もちろん当のAmie本人じゃなくて親ばかのわ・た・し。
あ~(親)ばかは死ななきゃ治らない?!
でも、相手が犬だから、シャイな私でもこんなに素直に親ばか出来るんだわ、きっと。

それはともかく、夕方駐車場代を取られない事を知ってしまった私たち、恐らく明日からもお散歩はこのパターンになってしまうのね。
(今年は海ばっかりでダニの心配ゼロ。で、今月はフロントラインすらつけていないAmieちゃん。安上がりぃ♪)

記事本文おわり

旅のデータ - 1999/08/04と08/07 再び海(早朝の阿字ヶ浦と、夕方の大洗サンビーチ)

阿字ヶ浦海水浴場
夏場の時間割:海水浴は朝8時~夕4時まで(これ以外の時間はサーファーの時間)(従って、早朝・夕方は犬を遊ばせるには良い時間帯ということに...)
駐車場:1日800円~1500円(場所と設備による)
 (オマケ)夕方海水浴タイム終了後だと無料で駐車できる場合があります。
水場:海岸に何カ所かあり。
注意点:平均して波は高めなので、泳ぎ初心者マーク犬や波の嫌いな犬には、大洗の方が無難かもしれません。
その他:海に面してオートキャンプ場あり
大洗サンビーチ(茨城県大洗町)
駐車場:道路に面して広い駐車場がある。日祝以外は無料。
    海岸に近いところにも駐車場があるけどこちらは有料
水場:駐車場の公衆トイレ脇にシャワー(有料)と蛇口(無料)
注意点:駐車場から海辺までは砂浜が続くので、砂が焼ける日中は犬の足に酷かも。
その他:近くにオートキャンプ場が2カ所あります。

(1999-08-04 現在)