1999/09/27 ホージーお兄ちゃんと平磯海岸(茨城県ひたちなか市)

on 1999-09-27 | Tags: 海, 茨城

朝いつものようにメールチェックしたら、前回ドッグランの縁でお友達になったはっぱちゃんからメールが入っていた。
曰く「今日、ホージー(黒ラブ)を連れて遊びに行きます」
うぁーい☆ はっぱちゃんとホージーが来るよ☆☆
前回「今度は海で遊ぼう」と約束していたので、密かに心待ちにしていたメールである。 さっそく、「お待ちしています」の返信を書く。

午後2時前にはっぱちゃん到着の電話。 近くのセブンイレブンで待ち合わせることにして、私もAmieを急いで車に積めこんで待ち合わせの場所に向かう。 はっぱちゃんは遠路はるばるつくばから運転してきた疲れも見せず元気ハツラツ、さっそくいつも行く阿字ヶ浦海岸へご案内した。

この日の阿字ヶ浦は、台風の影響は去ったものの、いつもよりは若干波が高めだった。 はっぱちゃんのホージーは海(波)は初めてなので大丈夫かなーと思っていたら、ピーピーボールやダンベルを追いかける方に夢中なのか最初から平気な顔をしてバチャバチャやっている。ボールを投げてやると、ホージーとAmieの2匹は我先にとボールを取りに行って、取ったら取ったでそのまま浜辺を追いかけっこ。

ホージーで面白かったのは、Amieが既にダンベルをゲットしたのに気がつかないで、一生懸命海水に顔をズボっと突っ込んで探しまわる姿だ。 Amieは海では顔を水中に突っ込んだことがなかったので、最初見た時はちょっとビックリ、でも、何かかわいい。 豪快に首まで海中に突っ込んじゃっているけど、犬って海水が目にしみたりしないのかしらん?!

面白かったけれど、今日の阿字ヶ浦の波はさすがに初めてのわんこにとっては泳ぎにくそうだったし、2匹とも波ザブーンで一瞬姿が見えなくなっちゃったりするもんだから、見ている私達の方がちょっと心配になってきて、しばらく遊んだ後で波静かな平磯海岸に移動する事にした。

犬達を再び車に載せて、平磯海岸の「大ちゃんクジラの浜」まで約10分。 3歳くらいの子供とそのお母さんらしき人が遊んでいたので、ちょっと離れた場所に犬達を下ろす。 2匹でいるからなおさらなのか、遠くにいるその母子のことなんて目にも入らない様子でさっそく海にドボン。 「大ちゃんクジラの浜」は今日も波穏やかで泳ぎやすく、ホージーも今度は完璧に泳ぎの楽しさに魅了されたと見えて、実に気持ち良さそうに泳ぎ出した。

ところで、日頃他の犬には淡白で遊び下手なAmieには珍しく、さっきからホージーが大好きで、一緒に遊ぶのが楽しくて仕方ない様子。 ホージーは活発な子で、体力的にも運動量的にもAmieと丁度レベルが合い、ボール取りも取ったり取られたりだから面白いようだ。 それに、身体がうんと大きくて、ちょっぴり年上のホージー君。 Amieとしては、優しいお兄ちゃんが出来た気分なんだろうか?

海でも一緒になってダンベルやボール取りをし、たいていの場合は泳ぎの速いホージーが先にダンベルをゲットするのだが、そんな時でもホージーの後を嬉しそうについて戻ってくる。 Amieとホージーの黒ラブ・でこぼこコンビが秋晴れの午後の海で無邪気に遊ぶ姿は、とても平和で穏やかで、まさに私が夢見る理想の光景にかなり近い(またもやウルウル(^_;)

1時間ほど遊んで、2匹ともいい加減フラフラしているくせに、ボールやダンベルを見ると眼がキラリ☆、身体は臨戦体制☆☆ 放っておくと溺れるまで泳ぎそうなので、適当なところで切り上げて、我が家に戻る。

ホージーとAmieを洗ってやった後、部屋で2匹を眺めつつ、はっぱちゃんと私はお茶と「よもやま話」。 傍らのホージーはテニスボールを転がして欲しくて、しきりにはっぱちゃんの膝の上にボールを持ってくる。 とにかくボール命のわんこ=ホージー君。 対するAmieはさっき海でやったような追いかけっこがしたくて、ガウガウ言いながらホージーをしきりに挑発しに行くが、テニスボールの魅力には勝てず、あえなく空振り。 本日は片思いのAmieでした。ちゃんちゃん。 (Amie、今度はガウガウ言うんじゃなくて、ちょっとはフェロモン出しなー (^^;;)

記事本文おわり

旅のデータ - 1999/09/27 ホージーお兄ちゃんと平磯海岸(茨城県ひたちなか市)

平磯海岸(茨城県ひたちなか市)
場所:「大ちゃんクジラ」の浜は平磯漁港の近く。湾内に大きなクジラが浮かんでいるので判ります。
駐車場:浜に駐車可能
おまけ:ウェザーテック全国海上気象予報(全国海上気象予報がわかるサイト)

(1999-09-27 現在)