2000/04/29~05/05 栗駒山・鳥海山スキー(鳥海山前編)

on 2000-05-01 | Tags: 宿泊, 秋田, 車, 雪山

05/01午後、栗駒山を下山した後、鳥海山に移動する。

R118を日本海に向けて走り鳥海町に入った頃、目の前に鳥海山が姿を見せた。 間近に望む全面雪の鳥海山、そのあまりの雄大さとボリュームに、私もおん君もちょっと圧倒される。 「あ..あそこに登るのかぁ...(^_^;)」 と思わずつぶやくおん君。

里から登ったらマジで半端じゃない登山だったろうけれど、そこは文明の利器(=車)の助けを借りて、さらに5合目の祓川駐車場まで登る。 途中からの道は、車より高い雪の壁が迫って、対向車があったら往生しそうな道幅だ。

祓川キャンプ場を過ぎて100m程上がると祓川駐車場に到着。 あ、あれぇ?!予想していたより車が少ない。 テントを張っている人もいなくて、八甲田山のような賑わいを想像していた私はまたもや拍子抜けした。 (実際には3~5日は大いに賑わった。) この日は着いたのが夕方だったのでAmieを連れて周辺をお散歩だけしておしまい。
左下に見えるのが祓川駐車場

05/02快晴but強風。
午後から荒れ模様との予報に、カミナリ大嫌いの私は、今日は山頂まで行かずに七ツ釜避難小屋(8合目)まで下見を兼ねて登って、スキーで遊びながら帰ってこようと提案&勝手に決定。

朝7:30に祓川を出発、シールを貼ったスキーで登高。 Amieは、相変わらずおん君について歩き、突然雪面ゴロゴロしたり、雪の下からようやく顔を出した立木の枝をぼりぼり囓って自然破壊したり、悩みのない人生を満喫している。

七ツ釜避難小屋9時着。
まだ、小屋は雪の下で屋根しか見えない。 ここまで登ると、山頂がずいぶん射程距離内に入った気がして早く登ってみたくなる。 お天気も予報のようには激変する様子もなく、「このまま登ろうよ」とおん君に提案してみるが、「ちょっとそこまで」の装備しかしていない&疲れたから「ヤダー」とあっさり却下される。

下りの斜面は、栗駒山に負けないくらいこれまた素晴らしい広大な雪原。 なのに...雪がグサグサな上に、登山者の踏み跡であちこちにボコボコ大きな穴が開いていて、思っていたよりずっと滑りづらい。 例年通っていた八甲田山や尾瀬はこの時期たいていザラメ雪で滑りやすかったので、この辺も思ったより人が少ない一つの理由かなぁ、なんて考える(単にウデが落ちただけだって(^_^;)。

9時半には車に戻ってきて、夕方までは時々駐車場近辺の雪で遊んだり、酒浸りの日々満喫状態(^_^;)(^_^;)(^_^;) 。 結局お天気は夕方まで快晴、雷が鳴って雨が降ったのは夜になってからだった。この日、下のキャンプ場にはテントがひと張り。

翌3日と4日は、スッキリしないお天気で、雨も降ったし視界も悪い。 「こういう日は無理に登らずに車で飲んだくれるに限る」主義者の私たち、5日からは晴れるとの予報を信じて、プーラプラして過ごした。 とはいえ、時たまAmieを連れて散歩するくらいしかヒマの潰しようがなくて、思いあまって滅多にしない車内のお掃除をして要るものまでうっかり捨てちゃったり、ずっとメンテしていなかったスキー・シールのメンテをしたり...

ちなみに、天気予報のついでに見たNHK東北の「方言で川柳」というコーナーがすごく面白かった(各地の東北弁を織り込んで川柳を詠む投稿番組。ちゃんと東北弁の発音で読んで、そのココロを解説もしてくれる)。

3日になって、周りに同業者(スキーや登山)の車が増えてきて、下のキャンプ場にも10張り以上テントが増えた。 駐車場キャンプ組の中に、9ヶ月のシベリアンハスキーを連れてきているカップルがいた。人なつこいシベ・ハスで私もおん君もすっかり魅了されちゃった。 飼い主さんに「マンガで読んだんだけれど、シベ・ハスって人なつこくて甘えん坊の子が多いんだって?」って言ったら、「そのマンガって『動物のお医者さん』のこと?」だって。(ご名答ー!パチパチパチd(o^v^o)b やっぱ、『動物のお医者さん』って犬好き御用達本かな?!

町役場の人?が、駐車場でキャンプをしないように等の注意事項が書かれた看板を立てていったのもこの頃。 また、山岳パトロールのおじさんもスノーモービルで上がっていって、登山ルート上に赤旗の指標を立てていた。(看板にしても指標にしても、GW中盤に入ってからなんて、ちぃ~っとノンビリかもぉ...(^_^;)。

-----そんなこんなで、鳥海山後編に続く-----

記事本文おわり