2000/08/06 ネット友だちと海(阿字ヶ浦)

on 2000-08-06 | Tags: 海, 茨城

相も変わらずほぼ毎日海通いの私とAmieである。
今度は雪遊びやキャンプAmieと一緒に遊んでくれた黒ラブジェスパーたちがウチの近所に海水浴にくることになった(^o^)

ジェスパーたちは前日我が家に来てお泊まり。 ジェスパーが来るとのウワサを聞きつけて(?!)、 つくばの黒ラブホージー、それに黒ラブサリーとAmieの姪っ子にあたる黒ラブビッツ(ジェスパーのお友達で私たちとはこの日初対面)、同じくジェスパーのアジリティ友達のゴールデンのインディー(同じく初対面)、いつものメンバーでシェパードの伽羅、ゴールデンの大福、そしてAmie...わらわらと犬たち(と飼い主)が集まってきた。場所は、またまた阿字ヶ浦。

阿字ヶ浦海岸は、いわゆる外海である。 サーファーが集うだけあって、瀬戸内海のように穏やかな波とはいかない。 さらに地元の人が「阿字ヶ浦は流れがきつい」と口をそろえていうように、離岸流のポイントがいくつかあって、うっかりそれにさらわれるとあっというまに100m位沖に持って行かれるのだそうだ。(経験豊富なサーファーさんは、どこが危ないか知っているらしい。)

我が家から車で5~10分と近いし、大洗海岸に比べると浜の奥行きがない分、駐車場までの距離が短いなどいい点も多いのだが、前述のような事情で、みんなで集まる時は大ちゃん浜(平磯海岸)のように湾になって波の穏やかな場所に行くというのが去年のパターンだった。

今夏になってから、地元出身の人に、地元の子供たちご愛用というナイス・ポイントを教わったのデス(^^)b 本当は内緒にしておくつもりだったのだが、元来お調子者なので教えちゃおう(その代わり、行く人はマナー良く遊ぼうね。頼むヨン)。

阿字ヶ浦の漁港寄り、テトラポットの防波堤で湾になっている場所がそこ。 駐車場は海の家のでも良いけど漁協のを利用するのがグッドです。 チビッコ専用の感があるので、彼らとの関係だけ注意が必要だが、大ちゃん浜や阿字ヶ浦のメインの場所に比べれば断然空いているし、防波堤を挟んで反対側(海水浴場側)はバナナボートの発着場になっているから、こちらも一般の海水浴客の密度が低いエリアとなっている。

さて、ジェスパーはダイビングが趣味な飼い主さんについて泳ぐうち、素潜りをするようになったという強者(この特技で動物奇想天外というTV番組にも出演したんだよ)。 みんなジェスちゃんの潜りに興味津々&特技のご披露に大歓声(^^)。 いや~、犬も潜るんですねー、大したモンだ。

私はAmieの姪っ子のビッツちゃんにも是非会ってみたかったのでこちらにも興味津々。 ビッツちゃんは月齢6ヶ月の若犬。Amieと同じブリーダー出身で、彼女の母親はAmieの同腹だ。 聞いてみるとビッツの飼い主さんも、フィールドの血統(系統というべきか)を追ってビッツちゃんに行き着いたそうで、Amieにしろビッツちゃんにしろ、体型・性格とも、聞けば聞くほどAmieの母親似(ビッツにとってはお祖母ちゃん)なので「血とはこうまで引き継ぐモノか」と感心してしまった。 動きも良さそうだったので、今後の成長が楽しみ~。

ところで、今回は珍しく黒ラブばかり5頭も集まった。 しかも5頭全員が似たようなフィールド系体型、ひとまわり大きなホージーはともかく、他の4頭は泳いでいると誰が誰だかわかりやしない(特に海に入りっぱなしのジェスパーとAmie)。 飼い主までが「あんた、誰?」って犬に聞く始末、ダハハ(^^ゞ

ばりばりの男の子インディーくんと、つい半年前までばりばりだった大福くんは初対面。 年齢的にも同じくらいだし、どちらも「売られた喧嘩は買う」タイプとあって、顔合わせは慎重に...だったが、生憎ちょいとソリが合わなかったみたい。 オトコにはオトコにしか解らない世界があるってトコロかな、種を維持する上での本能から来る部分もあるのかな、難しいね。

午前10時過ぎまで泳いで遊んで、記念に写真を撮ったりした後、今度は、海の家「きつねのボタン」特設会場へ移動...ホージー、インディー、伽羅、ジェスパー、ビッケ、Amieと各飼い主さんが、庭の蛇口とお風呂場に分かれて次々とわんこ洗い。 それから買ってきたお昼ごはんや、ホージーままのお友達が作ってくれたサンドイッチをほおばりながら、夕方近くまでよもやま話に花を咲かせた。 とっても面白かったので、海の家「きつねのボタン」は今後も随時オープン予定ぃぃ♪

...夕方、私とAmieは北軽井沢に向けて出発した。(次話に続く)

記事本文おわり

旅のデータ - 2000/08/06 ネット友だちと海(阿字ヶ浦)

阿字ヶ浦のお薦めポイント
阿字ヶ浦海岸の一番南寄り(大洗・平磯寄り)に位置する防波堤に挟まれた100m弱位の浜。 もし、海の家のシャワー等を利用する気がないなら、駐車場は漁協が運営する駐車場(シーズン中1回800円)に停めて、浜まで歩くと便利です。

(2000-08-06 現在)