2001/12/22-23 雪の中軽井沢~北軽井沢

on 2001-12-22 | Tags: ハイキング, 宿泊, 群馬, 車, 長野, 雪

気まぐれで応募したゴスペルコンサートの入場券が当った。12月22日(土)、中軽井沢の星野温泉教会だ。

碓氷軽井沢ICから軽井沢の町内までは山道で、雪量こそ大したことはなくても、日中0℃を越えないことが多い軽井沢のこと、夏タイヤ+タイヤチェーンで出かける気はしない。

今年こそは自分の運転でスキーに出かけられるよう足回りをしっかりしたい、でも金欠だしなー(^_^;)と迷っていた所だったが、コンサート当選に背中を押されて、前々日にミシュランのスタッドレスを購入した。

金曜日、早めに仕事を切り上げるつもりが結局夜中の帰宅となり、午前3時過ぎの出発となる。私が荷物をまとめはじめると、Amieは状況を察したのか、そわそわ・うきうきした様子で狭い部屋の中をウロウロしていた。車をまわし、荷物を先に積んでから、Amieに首輪をつけて外に出すと、ぶんぶん尻尾を振りながら階段を下り、車に飛び乗り、シュラフや布団にうずもれて幸せそうに丸くなっている(^_^;)(冬場は私の3900円也のシュラフだけでは寒いので、自宅で使っている羽布団も積み込んでいる)。

この日の晩は寒く、山間部では雪という予報もあったので、信越道の上里SAまで走ってそこで寝ることにした。もう明け方5時前だった。

目が覚めると、もう9時半。碓氷軽井沢ICまでは1時間弱で到着。いつもの冬と違って雪景色だ。あちこちでチェーンをまくスキー客を横目で見ながら、雪道1年生の私はちょっぴり緊張して運転する。幸いスタッドレスは良く効いた。軽井沢の市内に出るまでの間に、溝にはまったりスリップして立ち往生している車を何台も見かけた。

中軽井沢のスーパーで食料を調達してから、R146を峰の茶屋方面まで上がった。11時過ぎ。気温-1℃、天気は快晴。国道はさすがに路面が見えているところも多かったが、太平○CC方面に曲がると完璧な圧雪道。浅間牧場とゴルフ場の境位の所にある駐車場に車を停めてAmieと共に外に出る。

ここから天丸山まで夏のハイキングコースが続いている。50m程歩き始めたが、何しろ左手に浅間牧場の広大な雪原、右手にはゴルフ場のこれまた美しい雪原が広がっているのに、幅1.5m程の狭いハイキングコースなんて歩いてるのがばかばかしくなってくる。辺りは寒村として人ひとり居ない。

牛やゴルファーがいる夏場なら絶対できないのだが...辺りをキョロキョロ見回してから、Amieを抱えてゴルフ場の柵の向う側に放り投げ、自分も柵をまたいで「フホウシンニュウ」。
これだけ雪が積もっていれば、Amieが駆け回ってもグリーンが痛む心配ない(と、勝手に解釈し)。

ゴルフ場は、「うっわーっ\(o^o^o)/」と大声をあげて駆け出したくなるほど広くて美しい雪原だった。
Amieはほとんど正気を失い、狂喜してそこいら中をワケもわからず駆け回り、ひっくり返って背中を雪に擦りつけジタバタした。

Amieとホールをひとつひとつ廻りながら、一緒に走ったり、のんびり歩いたりした(歩いたのは私だけでAmieはずっと走り回っていた)。ゴルフ場は適当なアップダウンがある。ちょっと急な坂の上の方からボールを投げ降ろしてAmieに取りに行かせると、犬は犬なりに考えるのかS字状に高度をさげるのが面白い。

ホールの真ん中に立つと、雪を抱いた針葉樹が青い空に映えて、北欧の写真集に出てきそうな日本離れした風景が広がっている。見た目ほど力のない太陽。目の前には、雄大な浅間山。今までいろんな場所から浅間山を見てきたが、このゴルフ場からの眺めは格別だ。こんな素敵なところでプレーするのがゴルフなら、ゴルフを始めようかと半分本気で思った。

ホールの境目の落葉松の下に寝ころんで空を見る。まだ春は遠いというのに、落葉松の枝々には準備万端の新芽予備軍がポチポチついていて驚かされる。Amieが寝ている私にまとわりついてくる。ボールを、顔の近くにポトリと落とす。仰向けのまま、腕だけで頭の向う側に放り投げてやる。Amieは嬉しそうにすっ飛んでいき、しばらくするとまた私の目の前にボールをくわえた顔をにゅぅっと突き出す。時折落葉松からチチチというカラ類の声。静かだ。

ふと身体を起こすと、まっさらな雪面に、私が寝ころんでいた跡と、そこを中心にAmieがつけたきれいなティア・ドロップ型の軌跡だけが何本も広がっていた。雪に残ったそのアトは、私とAmieがその時そこにいた証のようにも見えた。石の銅像や記念碑のようにずっと残るものではなくて、次の雪が降るまで、強い風が吹くまでのほんの少しの間だけと言うところが、私とAmieには何ともふさわしいように思えた。私は満足して立ち上がり、ホールの真ん中めがけて走り出した。もちろんAmieもついて飛び跳ねる。

何ホール分も廻ってから、元のハイキングコースに戻ってきた。今度は、Jump!と命令するとAmieは柵をひらりと越えた(なんだ、わざわざ抱えてやることなかったんだ)。先に進んで今度はバラ線をくぐり抜けて浅間牧場に「フホウシンニュウ」。浅間牧場の方は見た目は広いのだがバラ線でブロックが切ってあり、地がボコボコなので20cmくらいの積雪ではあまりキレイじゃなかった(やっぱりゴルフ場がサイコー(^_^;)。でも、ボコボコなのを逆利用して、ボール探しゲームをした。Amieを遠くに待たせておいて、ボールを隠し探し出させるという遊び。ま、いつもやっている遊びなのだけれど、雪の上では匂いが取りにくいのか?結構苦労しているのを私はのんびり見物。

3時近くなった。夜は中軽井沢でコンサートだし、雪道1年生の私ゆえ路面が凍らないうちに降りることにする。

星野温泉の駐車場に車を停め、今度は野鳥の森をお散歩だ。恐らく昨晩降った雪なのだろう。歩いた跡も少なく、サラサラの雪だ。山道の両脇の藪や谷の方へ、ボールを投げ込んではAmieに探しに行かせて遊んだ。Amieは登り下りの段差や藪の枝々を器用にくぐり抜けて走って行く。それを見ながら思った。私はこういう経験をいっぱいAmieにさせてやりたい。森の中の多様な匂いを嗅いで、一様でない地形を走って足や身体を自由に使いこなす術を身体で覚えて欲しい。アジリティにも興味があるけれど、フィールドの中は条件が多様で複雑なのが良い。っていうか単純な話、原始的な場所の方が彼女が嬉しそうにするしネ d(^o^)。

4時を過ぎ、気温が下がり薄暗くなってきたので、東屋への分岐を、星野温泉に戻るもう一本の道の方に曲がった。少し下ると左方に小さな池が見えた。さすがのAmieでも、まさかこのクソ寒い日に飛び込むことはないでしょうーと油断していたら、こちらの期待を裏切ってというか、冷静に考えればお約束通りというか...ジャボンと豪快に飛び込んでくれた(やれやれ、またか)。水は相当冷たかったと見えて、2度目のダイビングはなかったが...。

5時近くに星野温泉に戻り、車の中で食事を取り、Amieにもご飯を与える。それからはAmieを車に残して、星野温泉でお風呂だ。この日の星野温泉は「ゆず湯の日」。湯船の中にはたくさん柚子が浮かべられ、親子連れが湯船の縁に柚子を並べて「ひとつ、ふたつ、...」と数の数え方を練習したりと、ほのぼのとした雰囲気だった。

お風呂から上がって、同じ星野温泉のブレストンホテル側に移動。駐車場の一番奥に車を停めて、早めにカーテンをつけた。何しろエンジンを止めるとすぐに車内が0℃近くまで下がる寒さだ。8時からコンサートの2時間ほど車内で留守番するAmieのためにも、そしてコンサートが終わるとそのまま駐車場で泊まらせてもらうつもりの自分にとっても、車内の気温をできるだけ下がらぬよう保つ工夫は大げさに言えば死活問題ってもんだ(「いいかげんホテルやペンションに泊まれよ」と言われてしまいそうですね)。

翌朝、シュラフ+羽布団+Amie湯たんぽがあまりにもヌクヌクで、10時に目が覚めるまで爆睡した。目覚めると車内の天井部分は私たちの吐く息が凍ったらしいお星様状態に霜がついていた。んー、車内も0℃以下らしい。

ホテルの駐車場にあんまり長居していても申し訳ないので、また山の上に移動して、今度は浅間牧場に出かけた。牧場はひっそりとしていて、一番昔からある手前のお土産物屋さんだけが営業している。牧場の牛たちも今は牛舎の中だ。積雪でブーツでも履いていないと牧場内をブラブラというわけにもいかないので無理もない。

Amieを連れ出し、丘の広場まで登った。誰も居ない丘で、Amieと遊ぶ。丘から30分程の天丸山まで歩いた。天丸山の頂上からは、浅間山、本白根山や草津のスキー場の辺りがきれいに見えた。帰りに牧場のお土産物屋さんでホット・ミルクをAmieと分け合って飲んだ。暖かかくて美味しかった。

記事本文おわり

旅のデータ - 2001/12/22-23 雪の中軽井沢~北軽井沢

星野温泉ホテル
星野温泉に隣接する野鳥の森は、確か日本三大野鳥の森の一つ。未確認情報ですが、犬と泊まれるコテージがあるようです。また、2002年春には新たに日帰り専門温泉とカフェテリアができるらしい。
【所在地】長野県軽井沢町星野 Tel.0267-45-6000 Fax.0267-46-2210
星野リゾート ホームページ
浅間牧場
夏場はファミリー向けの好観光スポット。寒くても雪が降ってもヘッチャラの人には、冬場ワンコ向け好観光スポットかも...
群馬県ホームページ>浅間牧場

(2001-12-22 現在)