2003/07/12-13 平磯海岸 大ちゃん浜(茨城県)

on 2003-07-12 | Tags: 海, 茨城

毎年恒例:茨城海ツアーin『海の家じゅんじゅん』

素潜り得意のジェスパー達と、1泊2日で茨城県の海に出かけた。

夜は、私たちが『海の家じゅんじゅん』と勝手に名付けたAmieの元訓練士で仲良しのJ先生宅に泊めて貰うつもりだ。J先生の家は居心地が良くて犬談義に花を咲かせるのも楽しいので、茨城海ツアーin『海の家じゅんじゅん』はここ数年恒例行事になっている。

今回はインプレッサになって初遠出ということもあってハリキッて家を出た。
軽四時代と較べるからなおさらなんだが、さすがに高速道路は楽チンで、加減速やギアチェンジの具合を確かめつつ、待ち合わせのサービスエリアまで快適に走った。昼前にジェス組の2人+2匹と落ち合って、大ちゃん浜に直行する。

なぜ今年は平磯海岸(大ちゃん浜)なのかというと...

大ちゃん浜は小さな入り江で、湾の真ん中にクジラの大ちゃんが浮かんでいるから「大ちゃん浜」と呼んでいる。浜の規模が小さく、シーズン中は小さな子供連れが多いため、大型犬連れや大人だけではあまり行かない。多少波が高い日でもこの湾内なら安全なので、もっぱら「お日柄が悪い」時用のピンチヒッター的な浜だ。

例年だとJ先生の家から一番近い阿字ヶ浦海岸で泳ぐことが多い。水質はバッチリだし、人間が遊んでもそこそこイケル。犬を泳がせるにしても、シーズン真っ盛りの日中さえ避ければトラブルの心配が少ない。

しかし、「今年の阿字ヶ浦はダメらしい」と5月頃にJ先生から聞かされていた。なんでも数年前隣接して造られた港湾の影響で潮の流れが変わり、浜の砂の流出が激しいので、今年は遊泳禁止にして対策工事をするとかしないとか。

後で調べたら(その1)...今年も例年通りの「海開き情報」が出ていた(旅のデータ参照)。海水浴場がクローズドというわけではないらしい。ガセネタ流して地元観光の営業妨害になるといけないので念のため。

南に下ればそう遠くない場所に大洗海岸があるが、こちらは遠浅ですぐに足がついてしまうので、『ただひたすら泳いでいればシアワセ』な犬たち向きじゃない。

じゃ、北側はどうだ?と言いますと、例年ならば県北(日立市方面)にちょっと上がれば阿字ヶ浦よりもさらに静かで水質が良い海岸があるんだけど、今年は北朝鮮籍の座礁船のせいで泳ぐどころじゃないらしい。そうした諸々の事情から今回は大ちゃん浜へ行くことになったのだ。

後で調べたら(その2)...座礁船の影響で心配されたのは事実だが、県北の各海水浴場水質調査はOKでこちらも海開きしているようだ(旅のデータ参照)。

平磯海岸(大ちゃん浜)で遊ぶ

まだ梅雨が明けず肌寒いから浜は寒村としているだろう..という予想に反して、既に海の家が建ち、小さな駐車場におじさんが4~5人もスタンバっていた(駐車場代 800円也)。

日焼けが気になるお年頃?!の私たち飼い主がローションを塗りたくる間、犬たちは嬉さのあまり興奮気味だ。親子連れが遊ぶ浜を避け、防波堤沿いにつきだしたところからボールを投げて、犬たちを泳がせる。

「ね、見てみて。Amieったら運動神経悪い方じゃないのに飛びこむカッコがへん!」
石積みから豪快にダイブするジェスパーの横で、臆病なAmieがへっぴり腰で恐る恐るチャ..プンと入水する様に私たちはゲラゲラ笑い転げた。スタートが遅れる分、泳ぎだしたら凄まじい形相で追い上げるギャップがなおさら可笑しい。

ひとしきり泳がせて犬たちのトーンが落ちてきた頃に浜側へ移動した。 海の家で休憩。かき氷を食べたら身体が冷えてきた。もう7月だというのに何か羽織らないと肌寒い。東北の海みたいだ。

3時前位に引き揚げてJ先生宅へ。留守宅に勝手に上がり込み、犬を洗ってさっぱりしてから、夕方は昼寝する者、近所の巨大なホームセンターをぶらぶらする者とそれぞれ過ごした。夜になって仕事から戻ったJ先生が合流してからは4人で夜中まで賑やかだった。

阿字ヶ浦にも行ってみた

7/13(日)朝、起き出してみると、J先生が早起きしてポトフを作ってくれていた。作りたてのポトフ超美味しかった。

10時か11時頃まで家でおしゃべりして、それから私たちとJ先生、J先生の愛犬伽羅とで阿字ヶ浦海岸に行ってみた。遊泳禁止で商売にならないのか、天気が悪いだけなのかは知らないが、日曜にも関わらずほとんどの海の家が閉まっていて駐車場のおじさんもいない。

幸い工事はしていなかった。犬に遊泳禁止はあんまり関係ないので、かまわず泳がせる。

J先生の愛犬、G.シェパードの伽羅ちゃんは、水遊びは好きなんだけど、Amieやジェスパーと違って波打ち際パチャパチャ派。飼い主が水に入らない限り自分から飛び込んでいくタイプじゃない。そんな伽羅ちゃんが不意に波を頭からかぶってびしょ濡れになり、ちょっぴり困った顔をしていたのがかわいかった。

J先生がジェスパーとAmieのために海に向かってボールを投げてくれた。J先生が投げる球は私たちの2倍近く遠くまで飛ぶ。当然犬たちは大喜びだ。相変わらずホレボレする強肩で、「女にしておくのは勿体な~い!」(爆)。

一旦J先生の家に戻って犬を水洗いした。私は3時に恵比寿のスバルまで検車の約束があったので、ここでみんなより先に失礼して帰京した。

オマケ:恵比寿にて

クルマの1ヶ月点検が終わるのを待つ間、暇つぶしにAmieを連れて恵比寿ガーデンプレイス周辺を散歩して、ついでに三越「パパスカフェ」のテラス席で遅い昼食をとった。

テラス席から周囲を見渡してビックリしたのは、ガーデンプレイスのあの広場中、犬連れが多いことだった。(自分もその一人だったんですけどね)。
アイフルのCMの影響?チビ犬だらけ&"おされな"お洋服着て...。 ちっちゃい犬だと電車で一緒に行けるから良いよね。かなり羨ましい。

日頃から犬連れが多いせいか、カフェの店員さんも慣れており、(犬の)お水の心配してくれたり、 (一人と一匹なので、支払いの間犬を外で見てくれる人がいないので)どうしようと思って相談したらテラス席で精算してくれたりと、何かと気遣って親切にしてくれた。

それにしても裏道とか歩いてると、会う人会う人みんなして犬連れてる状況って結構スゲー。

記事本文おわり

旅のデータ - 2003/07/12-13 平磯海岸 大ちゃん浜(茨城県)

平磯海水浴場
所在地:茨城県ひたちなか市平磯町
アクセス:北関東自動車道「ひたちなかIC」
阿字ヶ浦海水浴場
所在地:茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町
アクセス:北関東自動車道「ひたちなかIC」か、北関東自動車道-常陸那珂道路「ひたち海浜公園IC」
茨城百選景観の部>比観亭跡から見た阿字ヶ浦海岸
知られざる茨城景観百選を紹介する、みうさんのサイト。このページに阿字ヶ浦海岸の浸食問題について若干触れられている。阿字ヶ浦を初め茨城各地の様子や歴史を知るにも良いガイドです。
茨城海開き情報
http://kanko.pref.ibaraki.jp/list_natu.html ※ただし削除されたようで今はリンク切れです。
茨城県観光物産課提供の2003年茨城の海開き情報。 本文中に、阿字ヶ浦海水浴場や、県北の海水浴場はダメっぽいと誤解を招きそうな事を書いたので...「実は大丈夫みたいですよ」のキモチその1(^_^;)
平成15年度海水浴場の水質調査結果について
http://www.pref.ibaraki.jp/topics/sonota/030630_01.htm ※ただし削除されたようで今はリンク切れです。
茨城県生活環境部が実施した県内の海水浴場の水質調査結果。 本文中に、阿字ヶ浦海水浴場や、県北の海水浴場はダメっぽいと誤解を招きそうな事を書いたので...「実は大丈夫みたいですよ」のキモチその2(^_^;)
オマケ編:恵比寿ガーデンプレイス:パパスカフェ
所在地:恵比寿ガーデンプレイス三越B1F
営業時間:11:00~22:00
Tel.03-5423-0884

(2003-07-12 現在)