2004/01/02-03 嬬恋野地平スノーシュー・トレッキング(群馬県)

on 2004-01-02 | Tags: スノーシュー, ハイキング, 群馬, 車, 雪

1/2(金)

11時過ぎパルコール嬬恋スキーリゾートのセンターハウス - 13時前後野地平 - 14時過ぎセンターハウス(戻り)

年末から北軽井沢の別荘に逗留中である。年末中はスキーに行ったり、白糸の滝までスノーシューでトレッキングしたりして過ごした。新年明けて2日目。スキー好きの母親とAmieをクルマにのせて、パルコール嬬恋スキーリゾートに出かけた。

午前11時過ぎ。あらかじめ集合時間を午後2時と決め、母はゲレンデへ、私はAmieを連れ、スノーシューを履いてゲレンデ北端の森へと分れた。
このゲレンデへはつい2,3日前スキーできたのが初めてだが、地形図とその時貰ったゲレンデ・マップとから、ゲレンデに沿ってスノートレッキングによさげな森が広がっていると目星をつけていた。

適当な場所から森の中に入っていく。案内板があるわけでも、決まったルートを知っているわけでもないので、少しゲレンデから離れる方向に歩いて、それからゲレンデに並行して高度を上げよう程度のザックリした方針で歩き出した。

藪や低木間の歩きやすそうな隙間を捜し捜し行くと、5分位で小さな沢に出た。強引に渡渉できないでもない沢だが、ふと目をやると、ほんの数10m下ったところに、雪の下は橋か?!と思われる雪のつながりを発見した。ラッキー☆。
沢を渡ると今度は直径30mくらいの何もないところに出た。そこだけ不自然に木が生えていない雪原...うーん、凍結した池か、夏場の作業車用駐車場のどっちかなんだろうが...中途半端に凍結しかけの池だった場合コワイので、先遣隊としてまずAmieを行かせてみる(笑)。どうやら大丈夫そうだ。

この辺りから高度を上げる。ゲレンデで流す音楽が聞こえ、リフトやゴンドラも見えるのに、周囲には誰もいない。Amieが時折何かの匂いをフンフンやっている。ここ何日か降雪がないとみえて、雪面にうさぎやテンなど小動物のやや古い足跡が残っている。最初より藪が減って、落葉松と白樺の混成林の斜面だ。

こういう森の中の、樹木が混んだ斜面の場合、スノーシューはテレマーク・スキーに較べて格段に取り回しが楽だ。スキーと違って下りに同じだけ時間がかかるけど、それを割引いても、気軽なスノー・トレッキング目的ならスノーシューの圧勝かな。犬連れで遊ぶことを考えても、エッジなどの危険部が表にでてないから安全でナイス。技術らしい技術も要らず、雪面がフカフカだろうがモナカ状だろうが大した影響もなく、雪の上を犬よりも沈まずに歩けるなんて素晴らしい。キンネン中高年ハイカーニ大流行ラシイノモ頷ズケル(´-`).。oO

さて、しばらく登ると若干斜度が落ち、落葉松が姿を消して白樺(とダケカンバ?)中心の樹林帯に変わった。夏場の道らしき切り開きが見えた。私たちが登ってきた方向を横切りるあたりに「野地平→」という看板が立っていた(写真→)。

ちなみにこの場所、北緯36度33分42秒14、東経138度27分32秒65[WGS-84測地系]也。唐突なこの高精度位置情報(笑)、実は昨年末、INFOBAR欲しさに(爆笑)携帯をauに乗り換えたらGPS機能がついてきた。前のDOCOMOは5年以上のつき合いで、3年間使い続けた白黒液晶のN502iになんの不満もなかったが、乗り換えてみれば、まる文字フォントが使えるわ(カワイイ!)、推測変換は賢いわ、撮った写真がGPS情報つきで保存できるわ、おまけに周辺地図までその場で見られるわで、スタイリッシュな上にお利口さんのinfobarに夢中って感じで後戻りできなくなった。

白樺にポツポツとコメツガが混じりだす。この森は少しの標高差で樹林帯がめまぐるしく変化するようだ。大した斜度ではないが、Amieと遊びながら休み休み高度を上げる。振返ると斜め後ろには雄大な浅間連峰と配下の高原、手前には白く凍ったバラギ湖。右手間近に草津の山々とスキー場の白い斜面。

斜面を登りきると、急に目の前が開けて平坦な雪原に出た。広い広い。相変わらず谷一つ隔てたゲレンデの音楽が聞こえているはずなのに、ぽっかりとお伽の世界に紛れ込んだみたい。小学校の校庭の何倍もありそうな白樺の疎林。雪面は見渡す限り真っさらだ。

「そうか!Amie、ここが野地平だ。」
「(ワン!)」...んなこたぁない(≧∀≦)/

広がる雪原のエッジは、再びきつい登りが始まる深暗いコメツガの森に吸い込まれている。その更に向こうには浦倉山山頂が望める。パルコールのゴンドラ山頂駅も近くに見えるはずだ。ゲレンデを出発してここまで1時間半。浦倉山山頂まで歩いたら、あと1時間半くらいかな、いや、でもここから斜度がグッときつくなるし2時間じゃきかないか...装備も時間もないので先へ行くつもりは毛頭なかったが、ちらっと目算してみる。

野地平とおぼしき雪原を抜けると同時に白樺は姿を消し、コメツガの森に変わる。ここら辺は2~3日寒波が続けば見事な樹氷になりそうだ。お正月前後は晴れて暖かい日が続いているから、雪が半分落ちて平和な感じになっているけれど、来月あたりは凄いんじゃないかな。

コメツガの森に入ってすぐ、不思議な足跡に気づく。そこまでは誰の足跡もない真っさらだった雪面に、あちこち誰かが通った後がある。「途中から入って山頂に向かった人がいるのかな?」 Amieのよりもかなり深くて、人間のみたいだけど、人間の足にしては小さい。コメツガの樹木の根元から根元を彷徨っているような足跡。足跡の穴を覗き込むと、蹄のような2つの圧跡。

「カモシカかも知れず...」
視線を感じた気がしてふと顔を上げたら、なんと本物のカモシカだ。50~100m位の距離からじっとこちらを見つめている。ひょっとすると随分前から見つめられていたのかもしれない。幸いAmieは気づきもせずに遊んでいる(野生の血が稀薄すぎ)。そっと携帯を取り出してカメラに収める。先方が"生眼"でじっと見つめてくれるのに、こっちはいきなり"ケータイ"でパシャパシャっつのが、我ながら無粋でイカサナイ気分。

相変わらずAmieに気づかれていない。5分ほど見つめ合った。カモシカはじっと動かない。
いたずら心が芽生えた。「どこまで近づけるかな?」-そっとそっと距離を縮める。いくらも進まないうち、ツッとカモシカが野地平の方向へ走り出した。想像していた鹿のイメージよりも、かなりモソモソっとした走りっぷりで。

今までちっとも気づかなかったクセに...カモシカが走り出すなり、"すんばらしい動体視力の持ち主"なAmieはその存在に気づいた(今頃おせーよ)。一声吠えて私ににらまれシュンとなる。

バイバイ、カモシカ。またどっかで遇おうね (^^)/~~~。

さて、1時を過ぎた。私たちもそろそろ降りださないと、母との約束に間に合わない。
晴れて風がないこんな日は、戻りが簡単だ。自分たちの足跡を忠実に辿れば迷うことがないから。
センターハウスが思っていたよりずっとずっと遠くの下方に見える。歩きだけでこんなに遠くに来られるなんて、人間の足も捨てたもんじゃないな。ちょっとステキな気持ちになった。

2時過ぎ、センターハウスまで降り、そのまま駐車場にAmieを置きに行った。車中はムッとするまでいかないまでも、ほんのり暖まっている。時間的にこれ以上車中が暖まることはないと思ったが、念のため少し大きめに窓を開けて、Amieを残した。

その後は、センターハウスで母と遅い昼食をとり、隣接するバラギ高原嬬恋スキー場を覗きに行ったりして過ごした。

1/3(土)

10時前パルコール嬬恋スキーリゾートのセンターハウス - 12時前野地平 - 14時頃センターハウス(戻り) - ゴンドラで山頂駅(犬抜き) - 山頂駅付近をスノーシューでぶらぶら

昨日のトレッキング・コースが結構気に入ったので、両親を誘って3人と1匹で再び出かけることにした。人間は軽食を詰めたリュックを背負い、Amieにも(帰りにゴミやうんち袋を持って貰う用に)青いリュックを背負わせた。

コースは昨日と同じだから省略。
カメラ好きな父は、白樺や雪面に残る風紋などを熱心に撮影しながら行った。撮影ポイントをAmieに荒らされそうになる度に、私や母に「Amie捕獲命令」が飛んだ(苦笑)。私があちこち寄り道して歩くと、「他のカメラマンのために良い雪面はきれいなまま残しておけ」とも...もっとも、こんな雪の森の中にそうそうカメラマンは立ち入らないし、一旦雪が降れば再びきれいになるって >父親 (^_^;)b

野地平の端っこで風を避けてお昼ご飯にした。
今日はカモシカには遭えずだったが、野地平では昨日はなかった足跡多数を発見した。

下に降り、犬を車中に戻してから、今度は人間3人だけでゴンドラに乗って山頂駅にあがった。ここのゴンドラは夏期期間の犬の搭乗OKなのだが、さすがに冬季スキー期間中はダメとのこと。残念だが、Amie連れでの山頂コースは、気候と雪が安定する春先を待って、下から登ることにしよう。

山頂駅から、浦倉山山頂方面にスノーシューの跡が続いていた。スキー場主催のツアーもあるようなので誰か歩いたのだろう。この辺りは2000mあるだけあって、谷側の木々は風が吹きあがる方向にひん曲がり、モンスター化(樹氷)していて、ファインダーをのぞく父をしばし釘付けにした。

帰り道は、「湖畔の湯」という村営?の温泉に寄り道した。木の湯船と、石の湯船の2種類(男湯/女湯で1週間毎に交替)ある。小ぎれいで気楽に立ち寄れる良い感じの温泉でした。

【後日談】

昨年2月に初めてスノーシューなるモノを履いて以来、毎回、母のを借りたりレンタルしたりだったが、遂に(1/25)下落合のCalafateでスノーシュー購入。これでいつでも行けるじょ、(・∀・)ウッシッシ。

記事本文おわり

旅のデータ - 2004/01/02-03 嬬恋野地平スノーシュー・トレッキング(群馬県)

パルコール嬬恋スキーリゾート
〒377-1611 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原 Tel.0279-96-1177(スキー場)
http://www.palcall.co.jp
嬬恋バラギ温泉『湖畔の湯』
料金:大人500円(バラギ高原嬬恋スキー場のリフト1日券を見せると300円)
〒377-1611 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原2401 Tel.0279-80-6020 Fax.0279-80-6021
http://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/kankou/kohanspa/kohannoyu.htm
嬬恋村観光情報
http://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/

(2004-01-02 現在)