2008/08/02 巾着田(高麗川)で川遊び

on 2008-08-05 | Tags: 埼玉, 水遊び

土曜の午前中、Amieを動物病院に連れて行った。血液検査のためにご飯抜きだったり、大嫌いな仰向けレントゲン撮影だったりとAmieなりにがんばってもらったので、ご褒美として午後は近場で水遊びができるところに連れて行くことにした。

行き先は特に決めていなかったが、荒川沿いはいつでも行けるのでもうちょっぴり遠いところがよかった。で、「エイヤっ」で決めたのが巾着田。ガイドブックの写真に川べりが映っていて地形が良い感じだったから。

一般道を通っても行ける距離ではあったが、途中信号だらけなので迷わず関越に乗って鶴ヶ島まで。

余談ですが、この猛烈な暑さの中をさらに排ガス振りまいて進むわけなんですから、ちびちび一般道を走って渋滞だの信号待ちだので特定エリアに環境負荷をかけることはなるべく避けたい。ガソリン高騰で懐具合が辛くっても、そこはがんばって近場でこそ高速でささっと通り抜けるのがエコってもんだぉー。
 

巾着田は河童達の楽園だった

巾着田は曼珠沙華(彼岸花)の群生地として有名なところだ。今は花のシーズンオフなので寒村としているかなと思いきや、行ってみると河原には思い思いのテントが設置され、大勢の子供連れやグループがバーベキューや川遊びを楽しんで大変賑やかであった。特に子供達は水着で大はしゃぎだ。どうやら、家族連れには川遊びでも有名な場所らしい。

Amieを連れて川沿いを下流に向けて歩く。川岸まで木立が迫っているので日差しが適度に遮られて涼しい。小学生でも安心な浅瀬が多いが、ところどころAmieが泳げる位の深い場所があって子供達が飛び込みをしたり泳いだりしていた。彼らに混じってAmieを泳がせる。お父さんに連れられた小学生ぐらいの姉妹が、Amieの犬かきを水中から観察して喜んでいた。Amieも1ヶ月半ぶりの水遊びに喜んで何度も何度もボールを取りに泳いだ。

いつも感じることなんだけど、海や川など水場では、大型犬が近くを泳いでいても過敏に反応する子供が不思議と少ないように思う。親御さんの方もあまり神経質でなく、総じて自然に犬を受け入れてくれるようで、飼い主としてはありがたい限りだ(これが都内の公園だったりすると、こうおおらかなわけにいかないのでこちらも結構気を遣うし、たまに叱られてションボリすることもある)。

ひとしきり遊んだ後、少し林間を散歩してクルマに戻った。少し休んでから帰路につく。東飯能駅近くのモスバーガー(屋外席があり犬連れOK)で遅い昼ご飯を食べてから、圏央道~関越にのる。日に焼けたからか運転中に疲れがどっとでて、三芳P.A.で小一時間ほど昼寝してから帰宅した(この程度で疲れるなんていい加減、歳やね~>飼い主)。

手軽に出かけられて楽しい巾着田、また行きたい場所が一つ増えた。 大きな地図で見る

旅のデータ

日高市・曼珠沙華の里「巾着田」
公式ホームページ:http://www.kinchakuda.com/
巾着田ガイドマップ:http://www.kinchakuda.com/office/gmap1.htm
駐車場: 1日1回500円。川に沿って設置され、広く、林間にあるため比較的涼しい。
トイレ、水場あり。
高麗川
高麗川" href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97%E5%B7%9D">Wikipedia » 高麗川
埼玉県南西部から中部にかけて流れる荒川水系の一級河川。見たところ遊びやすい手頃な河原に見えたが、Wikipediaによれば「急激な増水により鉄砲水になりやすい川」とのことなので、遊ぶ時は前後の天候状況に注意を払うべきだろう。
川遊びの靴(人間用)
川底は水藻で少し滑りやすい。ビーチサンダルよりも下記のようなウォーターシューズ(アクアシューズ)やトレイルサンダルの方が安定して疲れにくいと思う。
ナイキ スニーカーボート【NIKE SNEAKERBOAT】トレイルサンダル
記事本文おわり