2010/01/30 東京散歩:向山庭園(こうやまていえん, 豊島園近く)

on 2010-02-01 | Tags: 東京散歩, 練馬区, 豊島園

Amieが右後ろ脚の靱帯を切る大怪我をしてから早3ヶ月。10月11月に比べるとずいぶんしっかり歩けるようになったとはいえ、まだまだリハビリの日々が続いています。

靱帯周りの筋肉をつけるのが一番のリハビリ&再発防止らしいので、土日は暖かい時間帯にできるだけお散歩を重ねるようにしています。と、いうわけで、最近はひたすら5~6Km程度のてくてく散歩の旅ですw ラブラドールらしいダイナミックなアウトドア系遊びはしばらく封印状態ですが、今まで見過ごしていた身近な街の様子がわかったり、偶然小さなカフェを見つけたりして、これはこれでなかなか楽しいです。

向山(こうやま)庭園

ポカポカ陽気だった1/30土曜日は、豊島園まで歩いて、その隣に向山(こうやま)庭園という所を発見しました。

貰ったパンフレットによれば。。向山庭園は、昭和55年(1980年)に開園した練馬区の公園の一つです。元は昭和4年~6年にかけての浜口内閣時代の江木鉄道大臣邸であったと言われているそうです。昭和2年豊島園駅開通前のこの辺りは相当鄙びた所だったらしく"当初(大正の終わりごろ)は、電灯を敷く見通しも立たず、道らしい道もなく、せいぜい草地を耕し家庭菜園として利用する程度"だったそうです。練馬区は環七より外は今でものどかな所が残っていて、豊島園などは丁度自然と都会のバランスが良い感じの住みやすそうな街だと思いますが、わずか数十年前に、一応23区内なのに電灯すらない時代があったとは驚きでした。

さて、向山庭園はドでかい公園ではありません。個人のお庭としては立派だと思いますが、くるっと一周するのにさほど時間はかからない、小さな日本庭園です。庭木は丁寧に手入れされ、池や庭園が一望できる離れの茶室があり、とても上質な感じがする良いお庭です。真冬の今は水仙だけが花をつけていましたが、立派な桜の木には春に向けて小さなふくらみがあり、春や紅葉の時期はさぞかしきれいだろうと想像できました。普段はがさつな私&Amieチームですが、ちょっと神妙な顔つきで2周して戻ってきました。

豊島園は犬禁

最初は、豊島園に入れないかなーと淡い期待を抱いてここまで歩いて来たのでした。

Amieのリハビリではインナーマッスルを強くするために、アスファルトではなくできるだけ土や砂の地面を歩かせるよう獣医師に言われています。でも、近所の区立公園は軒並み「犬禁」。犬が土の上を歩ける場所はほとんどないのが現状です。ちびっ子達の衛生面とか事故防止とか理由はあるんでしょうが、犬や猫が身近にる風景が自然だと思うし、いろんな考え方の人がいる中で規則ずくめでなしにお互いうまく折り合っていくのが健康な社会の姿だと思うわけで、公園の入り口ごとに大きな犬禁看板を立てるほど、犬を連れてお散歩するのは迷惑な行為なのかと、時々哀しくなります。

豊島園はダメだろなーと思っていたら予想通り"ペット"連れNGでした。ま、遊園地なので仕方ないか。向山庭園を発見できたのでヨシとしましょう♪

記事本文おわり

旅のデータ - 2010/01/30 東京散歩:向山庭園(こうやまていえん, 豊島園近く)


より大きな地図で 東京散歩:豊島園 を表示

(2010-02-01 現在)